jサーバ

jサーバ

idのイニシャルがjから始まる人向けに特別に用意されたサーバだったが、現在は特殊なユーザーのための専用サーバとして機能している。通称jサーバ

このサーバができた経緯として、イニシャルjユーザーが突如活動を開始、はてなの全サービスに高負荷がかかっている状態になったため、別途イニシャルjユーザーのためのサーバーが用意されたということがある。

後にイニシャルjユーザーが団結していたということが発覚し、は防法(はてな活動防止法)が制定された。これにより一旦は負荷が下がったものの、ユーザーの増加に伴い、再び高負荷がかかるグループが出現するようになった。対策として、はてなグループの個人向け有料オプションなどで、活動単位を縮小させ、それでも負荷がかかる組織に対しては個別にjサーバによる隔離をすることにより今をしのいでいる。

jサーバにはタックインが含まれることより、他のサーバよりハードが多少よいものになっていたり、冗長化や処理の分散なども行っている。はてなのサービスがたびたび止まるのはjサーバの定期メンテナンスのためである。

はてなグループの中で、現在jサーバホストされているのは、ランダムではてなグループトップページ活発グループに表示されるようになっている。